本 日記 将棋 漫画 ゲーム 仕事 pc プログラミング 無職 株

いろいろやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中学生からの哲学「超」入門 竹田 青嗣氏 読んだ



概要
目次
 自分とは何者か
 世界はどうなっているか
 なぜルールがあるのか
 幸福とは何か

感想

竹田青嗣氏の一般欲望説、自己ルール説は、なるほどと思った。

一般欲望説、自己ルール説
ひと昔まえの人間にとっての自由の象徴
 自由恋愛
 自由職業
 社会的承認
これらは、達成された。
    ↓
現代の生の欲望・・・一般欲望
女性 きれいになって、すてきな男性に愛されて、できればセレブになりたい。
男性 自分の才能を発揮して、かっこ良い男になりたい。それがだめなら、なるべく良い大学に入り、なるべくグレードの高い会社に入りたい

資本主義社会では、欲望は、似る。
     ↓競争になる。→実現は、少ない。
たくさんの人は、挫折と失望と絶望の可能性が、高くなる。
     ・
     ・
これは、生は拠り所のないもの。
竹田氏のアドバイス。対策として、一般欲望とべつに、自分固有の生の目標(欲望)を、見いだすべきだ。

コレを読んで、私は、自分固有の生の目標(欲望)を、見つけたいと思った。










スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 13:11:57|
  2. 本 読んだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuma0807.blog28.fc2.com/tb.php/663-0bf9f191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。