本 日記 将棋 漫画 ゲーム 仕事 pc プログラミング 無職 株

いろいろやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おろかものの正義論 小林和之氏 読んだ



概要
参照 アマゾン
スクリーンショット(2011-07-06 21.03.25)


感想
正しさ、価値、胎児の問題、脳死問題、安楽死、尊厳死、事実、科学、選択の自由、暴力、国家、民主主義、未来,倫理、戦争などについて、法哲学の立場から、説明をしている。

法哲学 wikipedia

生きている時、疑問に思うけど、考え方をわからなかったり、そういうものだと仮の理解をしたり、しかたないとあきらめることを、書かれていた。

おもしろかったところは、第5章の「科学は正義をきめられるか」の、
脳科学が、文学、哲学を吸収するか?について。

著者は、しない派。
理由
・まだ成果をあげていないから。
・対象が記述可能だということと対象を理解したことは別だから。
・機能の理解と意味の理解、想像は違うから。


脳科学はすごいけど、できないことをあることを、分かった。


法哲学は、社会のはっきりと解答のない問題についての学問と思った。
これらは、生活のなかで関係のあることなので、考えて対応できるようにすることを必要と思った。
















スポンサーサイト
  1. 2011/07/06(水) 22:03:21|
  2. 本 読んだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuma0807.blog28.fc2.com/tb.php/631-1bb610dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。