本 日記 将棋 漫画 ゲーム 仕事 pc プログラミング 無職 株

いろいろやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神は妄想である―宗教との決別 読んだ


神は妄想である―宗教との決別神は妄想である―宗教との決別
(2007/05/25)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る


1章 すこぶる宗教的な不信者達
2章 神がいるという仮説
3章 神の存在を支持する論証
4章 ほとんど確実に神が存在しない理由
5章 宗教の起源
6章 道徳の根源ーなぜ私たちは善良なのか?
7章 「良い聖書」と移り変わる「道徳に関する時代精神」
8章 宗教のどこが悪いのか?なぜそんなに敵愾心をもやすのか?
9章 子供の虐待と、宗教からの逃走
10章 大いに必要とされる断絶?

反迷信、反非合理主義の著者による、宗教のおかしいところを、いろいろな例、いろいろな本を使って、説明したもの。

自分は、もっと無神論者になった。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/22(水) 23:24:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuma0807.blog28.fc2.com/tb.php/301-b287ab90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。